今日のじじ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年5月4日

<<   作成日時 : 2010/05/04 02:12   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 15

ええ? 今日もおでかけにゃの?


画像


昨日は一日うちにいましたよ。だから今日は許してね。


仕方がにゃいにゃ〜


画像


早く帰ってくるにゃんよ?


画像


はいはい、わかっております



というわけで、暑い中、ネックカラーを首に巻き、出発です。
スカイツリーをちらちらと眺めながら、いざ、じじのお父さんの実家へ!

画像

お姉さん、だいぶ運転慣れました。でも、まだ怖い……


義父が認知症になる前は、毎月車で買い物のお手伝いに来ていましたが、
今は毎週土曜日、じじのお父さんが介護当番をすることになって、
私とお姉さんはいつもお留守番、ほぼ一年ぶりの訪問です。
お庭にきれいなパンジーが咲いていました^^

画像


義母は腰痛がありますが、二人ともしっかりと歩けるし
義父の病状も思ったよりずっと良いようでした。

話はいつものように、私の母の話になります。
「お母さんはいかがですか?」
母は父が他界してから、弟夫婦と2世帯住宅に住んでいましたが、
今は弟の嫁さんがつてを頼りに必死で探した施設に入ってしまっています。
私はそれ以来会っていません。

実家の土地、アパートを建てた土地、マンションを建てた土地、
母は全てを長男に継がせたい、私には我慢しなさいの一点張り、
父も、相続税対策で建てたその借金を怖がって、
弟が大変なのだから我慢してくれと言い残して他界しました。
弟には二人の息子、私にはひとりの娘akari、
3つの土地をうまく分ければ3人に行き渡ります。

でも、母はそれを許さなかったし(akariを一番かわいがったのですが)
弟も当然のように書類の印を求めてきました。
「実家を立て直して2世帯にして俺たち2階に住むから、
その分の資金も使っていいでしょ?」
それは、父が母の生活費にと残していったお金です。
でも重たい屋根に耐えかねて傾いてきた実家を放っておく訳にも行かないし、
一緒に住んで母の面倒を診る覚悟が嫁さんにもあるのだろう。
私はそう考えて印を押しました。

しかし、嫁さんは母の頼みごとを何かにつけて断りました。
私からすれば、最優先ですべき母の面倒を看ようとはしませんでした。
母は「すぐに来て」と私を電話で呼び出します。
私がそばにいてはいけないのかもしれない。
父ではなく、弟のものになったマンションの一室に、
家賃12万を払いながら住み続けるわけにも行くまい。
私たちはじじを連れて、今のマンションに引っ越して来ました。
一月に一度ぐらいは顔を出し、買い物の手伝いなどはしておりましたが、
母が認知症になり、悪くなるごとに嫁さんは大騒ぎです。
「どうしてお義姉さんが面倒を看ないの???」
嫁さんは母の食事の世話を断固拒否、全てヘルパーに任せっ切りでした。
そのヘルパーに対しても、
「ヘルパーったら、庭の植木にお水もやってくれないんです」
ええ? 開いた口がふさがりませんでした。

母を施設に入れたことは嫁さんの功績のようです。
お正月にそう言ってえばってました。
二人のおいっ子の様子もいつもと違います。
嫁さんからさんざ私の悪口を聞かされたからでしょう。
思えば、私も母から叔母(父の妹)の悪口を聞かされました。
叔母もまた父が全てを継ぐことを了承したのに……

今日、義母は全てを知っていて、もう一度改めて聞いて一緒に怒ってくれました。
ただ、義父は全て忘れ去ってしまったので、
義母は私よりももっと詳しく丁寧に義父に説明し、
二人して「次は絶対黙って印を押してはいけません」
と繰り返し助言してくれるのでした。

母の財産は、現金と実家の一階部分だけです。
結局私は印を押すでしょう。
でも、じっくりと説教はするつもりです。
次の世代のためにも。
男の子二人。どうなることやら……

「首、大事にしてね」
義母の優しさが身にしみます。

画像


現在義父母の家には独り身(孫あり)の義妹が住み込んでいます。
私より6つ年上ですが、やさしくて、小姑といった感じはありません。
優しいお姉さんです。今日は仕事でいませんでした。
二人の兄がその負担を減らそうと、よく相談し合ってがんばっています。
あるべき姿だなって思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
じじちゃん、お留守番頑張ってね(^^)

難しいお話ですね。。。
簡単にはいかないと思いますが、実の姉弟ですから
話あってお互いに納得いく結果になって欲しいです
マンチカン
URL
2010/05/04 11:35
じじちゃん、おとなしくお留守番エライね。

一度お金がからんでこじれてしまうと、実の姉弟でも修復って難しいですよね。
お嫁さんもいますからね。
常識ないお嫁さんって、結構いますし。
私も旦那の親戚から、かなり悪妻扱いされてるみたいですが…
ただ一生悔いが残るような結果にだけはしたくないですね。
ちゃわん
2010/05/04 11:53
じじちゃん mhmさんが帰ってきたら mhmさんのこと ゆっくり甘えさせてあげてね。

うちの母は 昭和のころ亡くなった祖父の遺産をみんな弟家族に譲ったこと今でも 文句を言います。昭和の頃は法律的には 長男も 他の兄弟も平等にはなっていても まだまだ家を継ぐ者と 継がない者っていう意識があったようです。
難しい問題だけど 後悔しないようにできるといいですね。こういう問題には 正解はないんでしょうが・・・ 
丸み
2010/05/04 19:42
とても悲しいお話ですね。
人としてのあるべき姿を持っていないのは寂しいことです。
きっと必ず自分に返ってきますよ。

優しいはずの弟さんもお嫁さんをもらうと難しい物があるのですね。
良く聞くお話です。

同じことをしないで、じじのお母さんが、いつまでも義母、義父の方に優しい気持ちで入れることが素晴らしいです。
して挙げられるお嫁さんでいて下さいね。
ジジ
URL
2010/05/04 19:52
子供の頃には仲の良かった兄弟も、大人になると気まずくなるケースが多いですね。弟さんのお嫁さんの言い分、行動に対する、mhmさんの切ない気持ちわかります。でも、お義母様のお人柄がとても優しいので、救われますね。お義姉様もいい方で、嫁ぎ先にかわいがってもらえるmhmさん自身も優しい方なんだなと思いました。話し合いの結果、思いが伝わるといいですね。
レオまま
2010/05/04 21:03
マンチカン様
話し合い、重要ですね!
私の実家は、話し合う気が全く有りませんでした。
嫁さんも加えて、じっくりと話し合って決めるべきだったと思います。

ちゃわん様
弟が板ばさみになるようなことは私も避けたいので、今のところ何を言われても黙っています。それにしても想像力のない嫁さんです。その時が来たら(私が生きていればだけど)、一階の印をすぐには押さないで、ちょっとびっくりさせてみたいです。
ちゃわんさんが悪妻って、何故? 
きっと賢いお嫁さんだと思うんだけどなぁ……

丸み様
まさにそのまま、家を継ぐ者と継がない者、父は大正13年、母は昭和6年生まれの考え方です。先祖から受け継いだ土地(すでに農地ではないのに)は、長男が継がなくてはいけないそうで。
さんざん、私がごねるのではと心配していましたが、実際の問題は嫁さんが継ぐのだという意識を持つかどうかの方でした。一階のことは知らないって、庭の植木に水はやれないって、嫁さんいったい、どこに住んでるつもりなのでしょう??? 嫁さん叱ると弟から怒られます。どっちが小姑なのと聞きたくなっちゃいます。
解決方法は、本来事実上相続を放棄した私が納得できれば良いはずなのですが、嫁さんが納得していないようなので実にややこしいです……
mhm
2010/05/05 19:24
ジジ様
弟には罰が当たるよって忠告したのですが、よくわからないようです。借金が重いせいかもしれません。継ぐ人の税金を安くしようと、つまりは自分で招いた種なので、がんばって欲しいです。
義母が腰を痛めたと聞いてからは、車を持っているのがうちだけだったので、買い物の手伝いによく出かけました。義父が寡黙なため、義母は私を良い話し相手だと言ってくれて、近所に嫁の自慢をしているのだと笑っていました。涙が出ました。
義父の認知症がひどくなって私が誰だかわからなくなり、私や義姉(兄嫁さん)では義父の外出を止めることができないので、息子(主人と義兄)の二人ができるだけ宿泊してして見張りを務めています。今は義妹が一緒なので話し相手には困っていないようですが、それでも大変喜んでくれました。私にできることは精一杯したいと思っています。

レオまま様
弟は嫁さんを守ろうと必死です。
母親の面倒を見てもらう立場なのですから、よくわかります。
私と同じ慢性腎炎を抱え、しかも私よりもひどい状態、かわいそうだと思います。
でも、自分でそのようにしてしまったのも事実なのです。
私が面倒を看るのなら、それなりの対処の仕方があったはず。その話し合いをすべて拒否して実印のみを求めてきたのですから、もうちょっと考えてもらいたいです。
義父母はとてもよくわかってくれています。義妹も、義兄夫婦も、ありがたい存在です。できるだけ私もお手伝いしたいと思っています。
mhm
2010/05/05 19:45
素敵な義理のお父さまお母様ですね
きっとmhmさんが素敵なおよめさんだから
良い関係が築けているのでしょうね(*^。^*)

弟さんと話し合いができ、良い方向に進むといいですね
うちも・・・弟ともめそうです(ーー゛)
もともと仲もわるいし(-_-;)
今のところ両親ともに健在だから問題はないのですが
10年さき20年先には(p_-)
いちごみるく
2010/05/06 09:02
お帰りなさい、お疲れ様でした。じじちゃんに癒されたかな?
兄弟関係って、こんなにも変化しやすいものかって私も最近よく思います。こどもの頃は、そんなことになるなんて思っても見なかったのが・・・。親のこと、義親のこと、財産のこと・・・私も今立て続けに壁にぶつかって悩んでます。そう考えたくはないけれど、真っ直ぐに純粋に進むと一番ソンをするんじゃないかって 最近悲しい思いです。
しろちゃぷ
2010/05/06 09:34
↑ちょっと、心の陰が喋ってしまいました。
暗くしてゴメンなさ〜い!
ブラックちゃぷの囁きが・・・
2010/05/06 13:02
いちごみるく様
誕生日に鯛焼きをくれた弟さんでしょう?
仲が悪いとは思えないけど……
私の実家のような一方的なやり方でなく、
よく話し合えばきっとわかり合えると思います^^

しろちゃぷ様
義父母と笑って話し、おいしいものをご馳走してもらったので、たくさん癒されてしまいました。帰宅した後は、お留守番じじをたくさん撫で回して癒してあげました(かえって迷惑?)
しろちゃぷさんも大変な状況のようですね。
謝らないでくださいな。
私も突然こんな記事上げちゃったんですから。
まっすぐに進むと、確かに損をしますね。
私も馬鹿だなって思います。
それこそブラックが足りないのかも^^
mhm
2010/05/06 14:20
訪問が大変遅くなりました〜
連休明け、仕事が始まるとやはり疲れ
が出てブログ回りサボっていました

本当に本当に難しいですよね・・・
お母様の事も心配になるでしょう。
二世帯にしながらも施設に入ったんですか。
たとえそうだとしても、真摯な行いでめんど
う見てほしいものですね。
印を押すときは、簡単に押しちゃダメ
ってしみじみ私も思ってます。
弟さんにも気づいて欲しいのにわかって
もらえず、もどかしいです。
正に、我が家も今・・色々と直面してる
のでお気持ちがわかります。
うちも、あれからダラダラともめてます。
すべてを放棄した我が家に、義姉が母の
世話に疲れてきたといいうちに同居を
迫ってきます。要するにお金が欲しいっ
て見え見えで嫌になります。
mhmさんの義父さん義母さんは、優しい
方で救われますね〜
お嫁さんの事も可愛がってくれて嬉しい
限りです。そんなお父様お母様の息子で
あるご主人も、きっといい人なんだろう
なって思いますよ。
人に恵まれるって幸せですよね。
私は良い事だけを見て過ごそうって
今は自分を勇気づけている所です・・・
お互いがんばりましょう〜

ニキティキ
2010/05/08 10:42
ニキティキ様
まだもめてますかぁ やはり大変ですね……
私の義妹(主人の妹)も同居を始めてすぐにへばってしまったので、お義姉さんのお疲れはよくわかりますが、放棄した人間に何かを求めないで欲しいです。しかもお金って???
私も確かに相続時と生前贈与としてお金はもらいましたが、月12万の家賃を約10年払ったことを考え合わせると、全く公平なものではありませんでした(小学校の近くに割安で住めたのは確かにありがたいことではありましたけれど、ご近所は私が家賃を払っていると言っても全く信じませんでした)。現在父が残した現金は、2世帯を建てる資金と、母の生活費、施設費でほとんど残っていないと思います。私に残されるのは一階部分の半分の権利だけ。それでも印は簡単に押さないつもりです。たとえお金で解決しようとされたとしても、私は受け取りません。弟夫婦には、母の世話を投げ出さないで欲しかったと、私の悪口を言わないで欲しいと、それだけが言いたいです。
お義姉さん、ニキティキさんに同居を迫って、おうちを売るおつもりなのですか? 私は建て替え前の実家を思い出し、涙が出てきました。
そんなこと、私にはとても、考えられないです……
mhm
2010/05/08 16:49
じっくり読まさせていただきました。
弟さんとお二人でしたら話せばわかることとおもいますが
他人がはいるとそうはいきません。
とにかくお母様が幸せであってほしい
寂しいおもいをされてはいませんでしょうか。
だっちゅ
2010/05/08 21:52
だっちゅ様
読んで下さってありがとうございますm(_ _)m
そうですね、不思議に思われるでしょう。
私と弟とその嫁さんしか出てこない、施設に入ってしまった母のことは、まるで忘れ去られています。
すべては母が決めたことだからです。
気の弱い父はすべて母の言いなり、相続放棄した叔母(父の妹)も母の暴言にあきれはて、付き合いを絶ってしまいました。
それでも母ですし、私の娘akariをかわいがっていましたので、私も娘も母に呼ばれれば出向いて何かと世話を焼いておりました。
でも、今はもう私のことも誰だかわからなくなっています。
施設の方も、まさか娘がいるとは思っておりますまい。
知っていたとしても私はきっと悪者扱いです。
父には申し訳ないけれど、このような事態を招いた母を見舞う気には、私にはどうしてもなれないのです……
mhm
2010/05/08 22:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文





ホームページは只今工事中です



↑akariお姉さんのブログへ


2010年5月4日 今日のじじ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる